アーガイルデザイン| グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 藤沢 湘南

Argyle Design - Art Direction, Design and Photography

写真家 林田摂子 Photographer – Hayashida Setsuko|Web site ウェブデザイン

hayashida_012
hayashida_02

hayashida_03

写真家 林田摂子さんのウェブサイトを AD & デザインをしました。9月末に、彼女の個展「箱庭の季節」(新宿御苑M2ギャラリー)や写真集「森をさがす」出版記念展(神宮前 ROCKET)に間に合わせるように公開をしました。ミニマムでモノトーン。頁をゆっくり捲るように写真の存在だけが静かに浮き上がる、淡々とした美しく凛としたデザインを目指しました。といっても、細かな部分には丁寧にそっと手を加えています。
CAP が AD を担当した初写真集「森をさがす」 。装幀はもちろん、フィンランドを舞台にし切り取ったゆっくりやわらかな写真群には、強く静かに心奪われてしまいます。その森の中で深く深呼吸をしたくなる。そして、写真集の帯の小説家小川洋子さんの推薦文がとても素晴らしい。

「ささやかな風景に隠された一瞬をそっとすくいあげる写真たちには、言葉を超えた物語が映し出されている」 小川洋子

「森をさがす」林田摂子 (ROCKETBOOKS)
『森をさがす』を4年前に発表した時から、本の形にしたいとずっと思ってきました。そしてようやく形にすることができました。言葉を読んでいる時とも映像をみている時とも違う、写真をめくることに伴う感覚を感じていただけたらと思います。 林田摂子


写真家 林田摂子 photographer hayashida setsuko|web site


client: 林田摂子 hayashida setsuko
art direction: argyle design
design: miyara masaaki / kawaguchi hiromi
web development: argyle design
notes: web design minimal ウェブデザイン ホームページ 写真家 フォトグラファー ミニマル 森をさがす





[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018"

ピアチェーレ! 
鮮やかな黄色いレモンに ちいさなキッスをすると
爽やかな香りがにこっり微笑む。

好奇心の赴くままに世界を旅する旧友
イタリア人のアレッサンドロ・モレッティ氏が
旅先でパスポート・ケースに貼りつけた
12のフルーツシール。

2018年、13年目のスタート
Fruit Labels Calendar


2017年12月1日
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している −−−


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどをデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川初となるこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さな世界をご覧ください。


終了しました。またどこかでお逢いしましょう!