アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集

A History of Thresholds Life, Death & Rebirth|Jovis|Berlin
A History of Thresholds Life, Death & Rebirth|Jovis|Berlin, Germany


閾値の歴史
–––– 生、死、再生

仏 パリの芸術・建築・都市計画・社会科学の世界の専門家集団 Sensual City Studio のデザイン/ヴィジュアル叙事によるアートブック 『A History of Thresholds - Life, Death & Rebirth』 が、6月、独 ベルリンの出版社 JOVIS から上梓され、献本が航空便 PAR AVION で事務所に届きました。

アーガイルデザイン 宮良当明が中判サイズで収めた写真 『14:24 yokohama [from the series Urban Gardening]』 を、チャプター 「rebirth 再生」 内の [fig.082] として、その使用権提供をしています。
『閾値の歴史 - 生、死、再生』 と題した当アートブックは、本文では、コンテンポラリー・カラー写真/イラストレーションがページ毎に一枚整然とレイアウトされ、製本では、日本では見掛けることが少ない「スイス綴じ」を採用した、美しくエレガントなソフトカヴァー仕様に仕上がっています。

表紙のクリーンで印象的なタイポグラフデザイン、蛍光オレンジの箔押し [fig.000] からスタートし、[fig.120]までの世界中のヴィジュアルでキュレイトされた本アートブックは、この世界に人々が創り出した欠片と眼差しの歴史を集めた、ある種のコンピレイション写真集とも言えるでしょう。
ベルリンの建築・デザイン・アート・写真関係のヴィジュアルアート系出版社として名を馳せる Jovis のアーカイヴの一つにクレジットされたことは、何よりの喜びと刺激になりました。

ちなみに、閾値とは、「一般に反応その他の現象を起こさせるために加えなければならない最小のエネルギーの値。」「生体に興奮を引き起こさせるのに必要な最小の刺激の強さの値。」 ––––––––

日本では、AMAZON をはじめ、大手アートブック専門店、セレクトブックショップで購入が可能です。機会がありましたら、ぜひ手にとってご覧ください。


Image Credit
[fig. 082]
"14:24 Yokohama" from the series Urban Gardening
© Masaaki Miyara and Argyle design limited
www.argyledesign.co.jp



“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集
“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集


“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集
“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集


“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集
“A History of Thresholds – Life, Death & Rebirth”|Sensual City Studio [Paris] – Jovis [Berlin]|Art Book アートブック|Photography 写真集


A History of Thresholds - Life, Death & Rebirth
Sensual City Studio – Jovis|Berlin|Art Book アートブック|Photography 写真
閾値の歴史 - 生、死、再生



Thresholds are an–often overlooked–anthropological constant found in every era and every culture. From the spatial understanding of Greek antiquity to the establishment of the private sphere in the 18th century and the transparency of modern architecture, the threshold has always been a central architectural element. Like a visual symbol of a boundary or a transition, thresholds divide spaces, but are also a connecting element, opening up ways through and across, which have a subtle influence on one's own perception of space.
It is only in recent decades that thresholds have lost significance as part of our everyday experience with architecture. What remains is a growing emptiness between people and the spaces in which they live.
Sensual City Studio not only provides an inspiring overview of this important architectural stylistic feature from all eras and cultures, but also shows in particular: thresholds can and must be rethought and rebuilt. In this respect, this book is a plea for the renaissance of the threshold and therefore also a manifesto for a human architecture.

Schwellen sind eine – oft übersehene – anthropologische Konstante, die sich in jeder Epoche und in jeder Kultur finden. Vom Raumverständnis der griechischen Antike über die Etablierung von Privatheit im 18. Jahrhundert bis hin zur Transparenz der modernen Architektur war die Schwelle immer zentrales architektonisches Element. Gleich einem visuellen Symbol einer Grenze oder eines Übergangs trennen Schwellen Räume, sind aber zugleich auch deren Verbindung, eröffnen dabei Durch- und Übergänge, die subtil Einfluss auf die eigene Wahrnehmung des Raumes nehmen.
Erst in den letzten Jahrzehnten sind Schwellen als Teil unserer alltäglichen Erfahrung mit Architektur zunehmend bedeutungsloser geworden. Was bleibt, ist eine wachsende Leere zwischen Menschen und den Räumen, in denen sie leben.
Sensual City Studio geben nicht nur einen inspirierenden Überblick dieses bedeutenden architektonischen Stilmittels aus allen Epochen und Kulturen, sondern zeigen vor allem: Schwellen können und müssen neu gedacht und konstruiert werden. Und so ist dieses Buch ein Plädoyer für die Renaissance der Schwelle und damit auch ein Manifest für eine humane Architektur!

Text by Ferrier, Jacques + Pauline Marchetti, Philippe Simay, Estefania Ompean
Sensual City Studio www.sensual-city.com
Swiss binding with flaps
15 x 21 cm (portrait)
184 pages, 129 col.
English
ISBN 978-3-86859-520-8
06.2018
€32.00 / $40.00 / ¥4,181

https://www.jovis.de/en/books/product/a-history-of-thresholds.html

JOVIS Verlag GmbH

Books on architecture, urban planning, design, photography, and art.

Kurfürstenstraße 15/16
D-10785 Berlin, Germany
Fon: +49 (30) 26 36 72 - 0
Fax: +49 (30) 26 36 72 - 72
JOVIS www.jovis.de

AMAZON で見る


[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のサロンtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / Rain and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「てぬぐい」「トートバッグ」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。仙厓義梵の遺した禅画の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル・デザイン、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2018年4月下旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018"

ピアチェーレ! 
鮮やかな黄色いレモンに ちいさなキッスをすると
爽やかな香りがにこっり微笑む。

好奇心の赴くままに世界を旅する旧友
イタリア人のアレッサンドロ・モレッティ氏が
旅先でパスポート・ケースに貼りつけた
12のフルーツシール。

2018年、13年目のスタート
Fruit Labels Calendar


2017年12月1日
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!