アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

パブロ・フアレス『ソロピアノ – 鳥たちの夜明け』 Pablo Juárez “Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros”|音楽CDジャケット|Hummock Label|アートディレクション グラフィックデザイン パッケージデザイン

Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros
パブロ・フアレス / ソロピアノ - 鳥たちの夜明け|ジャケットカヴァー・ディスク|3hummock


Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros
パブロ・フアレス / ソロピアノ - 鳥たちの夜明け|ジャケットカヴァー・帯・ディスク|3hummock


Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros
パブロ・フアレス / ソロピアノ - 鳥たちの夜明け|ジャケットカヴァー・バックカヴァー|3hummock


Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros
パブロ・フアレス / ソロピアノ - 鳥たちの夜明け|ライナーノーツ|3hummock


Pablo Juárez / Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros


あの場所で鳥たちと夜明けを待とう
21th century library of music.

〈新しい波形の未来〉を瑞々しく描いた 藤本一馬/伊藤志宏 の 1hummock 『Wavenir ウェヴニール』の発表からはや4年。そして、その間、マエストロ、カルロス・モスカルディーニ の柔らかく愛すべきギターアルバム 2hummock 『Manos マノス』をコレクション。
"二十一世紀の音楽ライブラリー"を高らかに謳うハンモックレーベルは、第3弾アルバムとして、ピアニスト/作曲家 パブロ・フアレス の 3hummock 『Solo Piano - El Amanecer De Los Pájaros ソロピアノ - 鳥たちの夜明け』を制作/リリースしました。

アーガイルデザインは、本作品のアルバム・パッケージのアートディレクション/デザインを、過去2作品に続き担当をしました。
パブロの穏やかな熱情とハンモックレーベルのスタイルではない真摯な態度に敬慕し、特別ななにかに奇をてらうこともなく無作為に、中心と重心、グリッド、鳥たちが自由に翔ぶことができるだろう余白を想う、シンプルなデザインワークへとそっと静かな着地を試みました。

アーカイヴス『Wavenir』、『Manos』と同様に、国境や世代、カテゴリーのボーダーを、自由にそして軽やかに飛び越え、正直に耳を傾ける多くのリスナーに広く、深く、長く愛される作品になることを強く願っています。


Pablo Juárez "Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros"
パブロ・フアレス "ソロピアノ – 鳥たちの夜明け"
3hummock

心動かされた一瞬への賛辞を込めた自然界の自由を翔けるソロピアノ

アルゼンチン・ロサリオ出身ピアニスト / 作曲家 パブロ・フアレスによる初の日本盤のための全曲書下ろし新曲、スタジオ録音 『ソロ ピアノ – 鳥たちの夜明け』。
ある朝、パブロ・フアレスとパラナ川沿いを散歩していると「あの向こう岸には様々な野鳥が住み、そんな自然界からのインスピレーションを音楽に表現する試みをしたい」と川を見つめながら「私の意志は編集なしでレコーディングすること、それはまるで鳥たちが歌うように滑らかに、自由に…」と心境を語ってくれた。「El Amanacer De Los Pájaros」では夜明けの歓喜にわく鳥たちを表現。「Vidala De Agua」ではゆったりとした叙情詩を紡ぎ、「Ventanas」ではパブロらしいメロディアスな旋律が胸をうつ。

収録曲

01. El Amanecer De Los Pájaros(鳥たちの夜明け)
02. Pasa El Río(川は流れ去る)
03. Vidala De Agua(水の合唱)
04. Sobre Lo Verde(緑について)
05. Esteros(沼地)
06. Caricias(愛撫)
07. Ventanas(窓辺の風景)
08. La Noche(夜~暮色の組曲)
a- Azulnaranja
b- Azulceleste
c- Negrosilencio
09. Amanece(日の出)
10. Costa Alta(コスタ・アルタ)
11. Nina De Río “Guadalupe”(河の女の子 グァダルーペ)

All composed by Pablo Juárez



アルバムノート

『ソロ ピアノ- 鳥たちの夜明け』は、私が住むサンタフェ州に流れるパラナ川河岸の風景と、そこで見られる鳥たちの様子からインスピレーションを得ています。鳥たちの歌声は、生き生きとした自然界からのメッセージであり、私たち人間が誕生する前から存在している地球上の生物は、人間もこの自然界の一部であるということを教えてくれています。鳥たちの歌声もまた、人生のシンプルさを秘めた偏見のない愛に満ちた歌であり、最も純粋な形で宇宙へ届けられるメッセージです。自由に歌う鳥は私たちがなぜここにいるのかを問いかけ、この旅路で全ての生物は兄弟であるという真実を思い出させてくれます。そんな自然の音をピアノで表現しようとこのアルバムの中で試みました。水の流れる音、朝日、輝く夕日、夜のとばり、月の下で息をするこの星の生き物たち。一つひとつの曲が、様々な風景や、私の心を動かす一瞬への賛辞になっています。 − パブロ・フアレス

プロフィール

1980年 アルゼンチン・ロサリオ生まれ。8歳から音楽教育を受け、青年期にはコスキン音楽祭に3年連続出演しフォルクローレを初め南米諸国の音楽に触れ、北米のジャズやポップスにも影響を受ける。2007年よりブエノスアイレスを拠点にジャズ・フォルクローレシーンでの共演や伴奏、25作品を超える録音参加、ドキュメンタリーTV『Uniendo Destinos』の音楽制作を手がける。自身の名義初作品は2011年『Sumergido』、2015年 シンガーJulián Venegasとのデュオ作『Dos Cauces』をリリース。 現在ロサリオにて活動し、2017年 Hugo Fattoruso、Carlos Aguirre、Andrés Beeuwsaert、Alexander Panizza、Lilian Sabaらと共にピアノ・フェスティバルへの出演のほか、シルク・ドゥ・ソレイユでの生演奏や、ウルグアイ各地での演奏セミナー開催など、多岐にわたり音楽交流を深めている。2018年 ピアノで自然界の音の表現を試みた作品『Solo Piano – El Amanacer De Los Pájaros』を録音し初の日本盤として秋にリリース。
http://pablojuarez.com/

帯コメント

音楽を生みだす衝動となる瑞々しいパッションがものすごく高い純度のまま満ち溢れている。心で直接ピアノを奏でることのできる稀有なピアニストなんだと思う。 − 作曲家/ピアニスト 林 正樹

Credit

Art direction / Design and Hand-lettering, Masaaki Miyara (Argyle design
Cover photography, Gabriela Muzzio
Planning and Production, hummock label
Adviser, Shota Inaba (Inpartmaint Inc.)

取り扱いショップ

HUMMOCK WEBSHOP
Amazon
Tower Records
HMV
disk union
LOHACO
Rakuten

ViVO,VA(神戸)
をちこち(徳島)
moderado music(岡山)
CALMS(米子)
Republik:(福岡)
songs(岐阜)
more records(埼玉)
lykkelig(金沢)
Reconquista(東京)
大洋レコード(東京)
resonance music(芦屋)
tsukigoya(鎌倉)
恵文社一乗寺店(京都)
TSUTAYA 六本木店(東京)
代官山T-SITE|蔦屋書店(東京)
ほか

ご購入はこちらから

登録情報

品番 3hummock
発売日 2018年10月5日
本体価格 2,400円 + tax
形態 国内盤CD/紙ジャケット ライナー 帯
収録 全11曲
発売元 hummock label 079-254-1400
販売元 Inpartmaint Inc. 03-5467-7277
JAN 4532813842134
ASIN B07H5VTT9V

(レーベルサイトから、一部加筆)


[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のサロンtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / Rain and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「てぬぐい」「トートバッグ」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。仙厓義梵の遺した禅画の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル・デザイン、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2018年4月下旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018"

ピアチェーレ! 
鮮やかな黄色いレモンに ちいさなキッスをすると
爽やかな香りがにこっり微笑む。

好奇心の赴くままに世界を旅する旧友
イタリア人のアレッサンドロ・モレッティ氏が
旅先でパスポート・ケースに貼りつけた
12のフルーツシール。

2018年、13年目のスタート
Fruit Labels Calendar


2017年12月1日
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!