アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

Der ferne Klang – 指揮 角田鋼亮|5th Concert – 愛知県芸術劇場コンサートホール|クラシック音楽|ポスター フライヤー プログラム グラフィックデザイン|愛知県名古屋市

デア・フェルネ・クラング|第5回演奏会|フライヤー|愛知県芸術劇場コンサートホール
デア・フェルネ・クラング|第5回演奏会|フライヤー|愛知県芸術劇場コンサートホール

デア・フェルネ・クラング|第5回演奏会|フライヤー|愛知県芸術劇場コンサートホール

Tragische 悲劇的。
死と再生は、黒と赤金。

"気鋭の若きマエストロ、日本で最も期待される若手指揮者の一人" 角田鋼亮さんとの縁で、自身が指揮をするオーケストラ「Der ferne Klang デア・フェルネ・クラング」の第5回 愛知県芸術劇場コンサートホール公演のグラフィックス(ポスター・フライヤー・チケット・プログラム)をアートディレクション、デザインをしました。第3回 愛知県芸術劇場公演第4回 京都コンサートホール公演に引き続き3回目の担当となります。
仰望するグスタフ・マーラーの『交響曲第6番「悲劇的」』、フランツ・シュレーカーの『大オーケストラのための舞踏音楽「ロココ」』 、そして、リヒャルト・シュトラウスの『楽劇「サロメ」より「7つのヴェールの踊り」』が演目です。

悲劇的、死と再生を、特色2色「黒」と「赤金」を用い、プレーン、平明に置き換えました。
秋の始まりの名古屋でぜひお愉しみください。


Der ferne Klang "5rd Concert" 愛知県芸術劇場コンサートホール


client: 交響楽団 デア・フェルネ・クラング / Der ferne Klang
city: 愛知県名古屋市
art direction: 宮良当明
design: 宮良当明 / 川口裕美
notes: 愛知県芸術劇場,名古屋,マエストロ,指揮者,角田鋼亮,デア・フェルネ・クラング,Der ferne Klang,コンサートホール,グスタフ・マーラー,フランツ・シュレーカー,リヒャルト・シュトラウス,音楽,ポスター,クラシック,コンサート,オーケストラ,グラフィックデザイン,プリント,フライヤー,印刷,チケット,プログラム,特色,dic,黒,金,グリッドデザイン,交響曲第6番「悲劇的」,大オーケストラのための舞踏音楽「ロココ」,楽劇「サロメ」より「7つのヴェールの踊り」
Photo of the etching by Emil Orlik; this etching was published (horizontally flipped) in the Groves Dictionary and New Outlook (1907), Volume 86, p.891. / Collections Walter Anton





指揮者 角田鋼亮

東京芸術大学大学院指揮科修士課程並びにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2002年、安宅賞受賞。2006年、第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2008年、第4回カラヤン生誕100周年記念の同コンクールでも2位入賞を果たした。2010年、第3回マーラー指揮コンクールでは最終の6人に残った。
これまでに、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、ブランデンブルグ交響楽団、上海歌劇院管弦楽団、札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、九州交響楽団等と共演している。
2008年、ドラマ『新春スペシャル・のだめカンタービレ』においては千秋真一役の指揮指導を務めた。2015年4月より、セントラル愛知交響楽団の指揮者に就任。セントラル愛知交響楽団第145回定期演奏会(シベリウス&山田耕筰作品)の指揮が高く評価され、「第11回名古屋ペンクラブ音楽賞」を受賞。2016年4月より大阪フィルハーモニー交響楽団の指揮者に就任。2018年1月には、大阪フィルハーモニー交響楽団第514回定期演奏会に登壇(マーラー:交響曲第1番「巨人」)、若さ溢れるエネルギッシュな指揮ぶりで好評を博した。2018年4月より、新たに仙台フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に就任し、いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として活躍の場を拡げている。2019年4月からは、セントラル愛知交響楽団常任指揮者への就任が決まっている。KAJIMOTO所属。

Der ferne Klang

グスタフ・マーラーの100thメモリアルイヤーにあたる2011年、名古屋マーラー音楽祭への出演を機に創立。日本全国から2年に1度名古屋に集まり、毎回記念碑的なプログラムを携え演奏会を行っている。2011年の第1回演奏会では、名古屋マーラー音楽祭第1部2月公演として音詩『巨人』、シベリウス交響曲第7番を演奏。2012年同音楽祭第2部への参加。他の参加団体と合同で特別編成された名古屋マーラーフェスティバルオーケストラとして交響曲第8番『千人の交響曲』を演奏。2013年の第2回演奏会では、マーラー交響曲第9番、交響詩『葬礼』を演奏。団名はフランツ・シュレーカーの同名の歌劇に由来しており、『遥かなる響き』という意味を掲げている。

過去公演フライヤー Archives




Der ferne Klang 第4回公演 Flyer

Explore More Work

[New] 雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

[New] 雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "5th Fruit Labels Traveler" CORNO, Kamakura

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


鎌倉由比ガ浜CORNOでは、吉本宏(bar buenos aires / resonance music)と宮良当明(Argyle design)による「fruit labels traveler 旅するフルーツシール展」を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めたエキシビジョン。
2016年、東京渋谷・大阪中之島の二つのデルフォニックスギャラリー、2017年、兵庫姫路 HUMMOCK Cafe、藤沢辻堂 Toastedで好評を博した同展の第5回目の巡回展となります。
本展では、2,200枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、バッジ、トートバッグなどオリジナルデザインアイテムを限定販売(新作もあり)。
また、期間中は、CORNO特製FLTプレート、フルッタドルチェが彩りを添えます。
二年ぶりの「旅するフルーツシール展」、この機会にフレッシュでジューシーな果物シールの小さな世界をぜひご覧ください。