アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 横須賀 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

目黒区芸術文化振興財団 めぐろパーシモンホール|ゆったりライヴの旅|流線形と比屋定篤子|音楽|グラフィックデザイン ポスター フライヤー|東京都目黒区

流線形と比屋定篤子 グラフィックデザイン ポスター めぐろパーシモンホール

流線形と比屋定篤子 グラフィックデザイン フライヤー 公共ホール

流線形と比屋定篤子 グラフィックデザイン ちらし 変形サイズ

流線形と比屋定篤子 グラフィックデザイン flyer めぐろパーシモンホール

めぐろパーシモンホールのレジェンド的ライヴシリーズ〈ゆったりライヴの旅〉の第12弾!
なんと、公共ホール主催でのクニモンド瀧口さん率いる「流線形」のワンマンライヴです。それも比屋定篤子さんとの黄金セットで。
名盤『NATURAL WOMAN』を生ライヴで味わえるなんて最高の幸せです。ソールドアウト必至ゆえ、ぜひお早めのチケット確保をどうぞ。今週の金曜日6月28日 10時より発売開始です。
アーガイルデザインでは、ポスター/フライヤーのデザインを担当しました。間接的ながらも愉しい繋がりが取り持つ印象的なアートワークになりました。次は、八神純子さんとの競演を期待しつつ。

◎追記:
一日で売り切れとなってしまった〈ゆったりライヴの旅 vol.12〉「流線形と比屋定篤子」ですが、多くのリクエストにお応えして、なんと同日昼の追加公演が急遽決定したそうです。追加公演のチケットは、7/26(金)10時より発売です。詳しくは以下のパーシモンホール・ウェブサイトからどうぞ。こんどこそはぜひお見逃し無く!


ゆったりライヴの旅 vol.12 「流線形と比屋定篤子」


client: 公益財団法人目黒区芸術文化振興財団
city: 東京都目黒区
ad & design: argyle design & miyara masaaki
notes: poster ポスター(B2) / flyer フライヤー(変形B5 128mmx257mm)





目黒区芸術文化振興財団|ゆったりライヴの旅 vol.12 「流線形と比屋定篤子」


めぐろパーシモンホールのライヴシリーズ〈ゆったりライヴの旅〉。第12弾としてお届けするのは、70年代〜80年代のソウル・AORなどをルーツとした、クニモンド瀧口による人気シティ・ポップユニット「流線形」。ヴォーカルには、名盤『NATURAL WOMAN』でも共演した「沖縄のサウダージ・ヴォイス」、「比屋定篤子」を迎えてお届けします。めぐろパーシモンホールで一夜限りの貴重なコラボレートライヴです!

◎公演日: 2013年9月28日(土)
◎時間: 18:30 open, 19:00 start
◎会場: めぐろパーシモンホール 小ホール
◎料金: 全指定席 3,500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください/車椅子席は同料金

————————————————————-
◎チケットの取扱い
◇めぐろパーシモンホールチケットセンター
電話・窓口 (10:00~19:00) 03-5701-2904
※ ホール電話・窓口・オンラインとも座席選択が可能です。ご予約後のチケットの引き取りは、ホールチケットセンターまたはセブンイレブンで可能です。
◇チケットぴあ
電話 0570-02-9999 Pコード:202-499

◎出演
比屋定篤子 vocal
クニモンド瀧口 guitar
山之内俊夫 guitar
平畑徹也 keyboards
千ヶ崎学 bass
北山ゆう子 drums
平野栄二 percussion
ヤマカミヒトミ sax/flute

◎プロフィール

比屋定篤子

東那覇市出身。幼少の頃から歌うことが大好きで合唱団に6年間所属する。武蔵野美術大学入学後、同大学のサークル「ラテン音楽研究会」に参加。バンド活動を始めヴォーカルを担当する。在学中、オリジナル曲の制作を始め、東京都内ライヴハウスでの活動を開始。1997年、Sony Musicよりデビューし、7枚のシングル、3枚のアルバムをリリース。2001年に拠点を故郷の沖縄に移す。2004年からこれまでに、ハピネスレコードより4枚のアルバムを発表。
【比屋定篤子オフィシャルサイト】 http://www.atsukohiyajo.com/

流線形

クニモンド瀧口による個人プロジェクト。2003年発表の『CITY MUSIC』をきっかけに、DJやレコード蒐集家など、ヘビー・リスナーから話題を集める。文化デリック(故 川勝正幸氏+下井草秀氏)等が選考する『ポップ・カルチャー・アワード2006』の「音楽部門BEST 1」を受賞。比屋定篤子とのコラボレーションアルバム『NATURAL WOMAN』発売後、ビルボードライブ東京、大阪の公演を行う。2012年発売、一十三十一『CITY DIVE』のプロデュースがきっかけで、シティ・ポップブーム再燃に一役買う。
【流線形オフィシャルサイト】 http://cunimondo.com/

主催 :公益財団法人目黒区芸術文化振興財団
協力 :ハピネスレコード


◎ゆったりライヴの旅シリーズ
めぐろパーシモンホールが、ジャズ/ボサノヴァ~ラテン/ワールド/シンガーソングライター/ロック&ポップスなど、ジャンルを超えてひとつの空気感でセレクトしたアコースティック音楽を取り上げるシリーズです。
主催:(公財)目黒区芸術文化振興財団

◎過去の出演者
中村善郎/noon/中島ノブユキ/PAN CAKE/アン・サリー/神武夏子+藤富保男/naomi & goro & 菊地成孔/Saigenji/藤本一馬/ショーロクラブ with ヴォーカリスタス/吉田慶子+笹子重治/畠山美由紀/orange pekoe/高田漣/Banda Kazaliste/コーコーヤ

Related Work

Explore More Work

Exhibition

Exhibition "6th Fruit Labels Traveler" Art and Design Gallery "The Hours", Miyazaki

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


バナナやオレンジ、レモンに貼られたあのポップな「フルーツシール」。いつの頃からか財布や手帳にペタペタと貼りはじめ、気がつけば2,200枚近い数になっていました。
吉本 宏と宮良当明の小さなコレクションを一堂に集めた世界でも初めて? のフルーツシール展を開催します。

2016年 東京渋谷パルコ・大阪中之島フェスティバルプラザのふたつの DELFONICS GALLERY を皮切りに、2017年 姫路 HUMMOCK Cafe、2018年 藤沢辻堂 Toasted、2019年 鎌倉由比ガ浜 CORNO でささやかに好評を博した同展の第6回目のエキシビジョンとなります。
ふたりがヨーロッパや南米のマーケットでコツコツと収穫したキュートなシールのコレクション展示をはじめ、新作オリジナルデザインアイテムを限定販売します。

The Hours 主宰、杉 怜くん(Scenery of Design)とは、長く "高級な友情" を育んできました。本展におけるフルーツシールのアート&デザイン面のクローズアップは、彼との共同作業を通して生まれ、新しい展示の在り方を形づくるものとなりました。当ギャラリーの「こけら落とし」に相応しいフレッシュで活き活きとした展覧会になることを願っています。

九州初上陸の「旅するフルーツシールのデザイン展」、ちょっぴりレトロでカラフルな、グラフィックデザインの宝庫ともいえる〈小さきもの〉の世界をつぶさにお愉しみください。
fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始

*完売いたしました。
雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始