アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

2019年のFruit Labels Calendarは
再び、南米アルゼンチンから。

過去、東京 渋谷(パルコ Part1)、大阪 中之島(フェスティバルプラザ)のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形の HUMMOCK Cafe、そして、昨年、辻堂 TOASTED で開催され、ささやかに好評を博した 吉本 宏 と 宮良当明 の「Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展」。
同展で、一番人気のアイテムだった「フルーツシール・カレンダー」の 2019年版が刷りあがりました。
OZmagazine オズマガジン「おいしいフルーツ」特集号(2018年7月号)でも紹介された、フレッシュでジューシーなカレンダーの新作です。

本作は、今秋、アルゼンチンへの旅で出逢ったフェルナンドとのささやかな交流と友情から生まれました –––––––––

12月、全国ショップをはじめ、アーガイルデザインショップで販売をいたします。

新春を迎えるパーソナルユースのカレンダーとして、また、クリスマス・プレゼント、お年賀用などご贈答用にもぜひご利用ください。
(裏面は、すべてヴィンテージ・ポストカード仕様。季節のお便り、ご挨拶にもぜひどうぞ)

※ 限定100部とさせていただきます。




Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit labels traveler’s Calendar Series “Bienvenidos a Argentina" 2019
Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina" 2019


Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展 缶バッジ
Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展 缶バッジ


Bienvenidos a Argentina!

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年の Fruit Labels Calendar。





Fruit labels traveler’s Calendar Series
“Bienvenidos a Argentina"
2019


Hiroshi Yoshimoto - Masaaki Miyara


仕様

・ポストカードサイズ
(2019年カレンダー/12ヶ月分/孔版印刷/両面印刷[裏面 ヴィンテージ・ポストカード仕様]/堅厚紙)
・変形ダストジャケットカヴァー
・Fruit labels traveler 缶バッジ 1個付き
※種類はお選びいただけません
・OPP袋
・限定100部(エディション番号付き)
※画像はイメージです

定価

1,800円(with Tax)

ADP 042
©2018 Argyle design limited


#fruitlabelstraveler #旅するフルーツシール展  #argyledesign




〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018”




《JOURNAL》
積極的な写しと観ることについて

(かつて)多くの魅力的なフルーツシールは、凸版印刷やシルクスクリーン印刷で刷られていました。十年目の前作から、その背景の理解、再発見のために、シルクスクリーンに近い「孔版印刷」という技法を活用しています。

色ごとに造形を理解し分解をし、想像上の版をとり、一色一色ごとに色を重ね刷り上げています。そのため、作為を超えた版ずれから起こるインクの掛け合わせや白抜け、「孔版印刷」の特徴である色ムラやカスレが、飾らない絶対非演出のなかで時としていきいきと生じます。

読み人知らず的なアノニマスなデザインといえるフルーツシールのその造形のアウトラインをなぞることで、作者の「手と眼の痕跡」を、ぼくらの手と眼で丁寧に追いかけました。当時の技術や「色」の文脈への理解を下敷きに、こうやって、ぼくらが愛した旧き良きチャーミングなフルーツシールの面影がここに蘇りました。

このデケイド、ぼくらは世界中を軽やかに流通するこの愛くるしい「小さきもの」への大きな敬意の表明と、その脚元を明るく照らすパブリシティを目的に、架空の旅をテーマに「フルーツシール・トラヴェラー」としてカレンダーを作り続けてきました。
魅惑の大陸《南米》を題材とした「Gateway to South America」、再び世界に眼を向けた数作「George Morrison’s Trip Around the World」、「Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World」、「Bienvenidos a Argentina」は、ぼくらにとって、憧憬の念や深い共鳴、シンパシーを持って手本とされた古今東西の「やきもの」のような、あるいは和歌の「本歌取」に似た、対象への最大のオマージュを携えた積極的な写しの態度のある種の到達点、完成形と云えるのかもしれません。

好きな先人の言葉があります。

「美とは、それを観た者の発見である。創作である。」

ぼくらの眼の純度をたよりにしたこの発見と創作を、ぜひ手に取り、一年を通して、つぶさに観てもらえるとうれしいです。

Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展

【第1回】「Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展」
(Delfonics デルフォニックス 渋谷ギャラリー/東京渋谷 パルコパート1)
http://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/fruit-labels-traveler-delfonics-shibuya-gallery.html

【第2回】「Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展」
(Delfonics デルフォニックス 大阪ギャラリー/中之島フェスティバルプラザ)
http://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/fruit-labels-traveler-delfonics-osaka-gallery.html

【第3回】「Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシール展」
(HUUMMOCK Cafe ハンモックカフェ 姫路 的形)
http://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/fruit-labels-traveler-himeji-hummockcafe.html

【第4回】「Fruit Labels Traveler 旅するフルーツシールとカレンダー展」
(TOASTED トーステッド 藤沢 辻堂)
https://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/fruit-labels-traveler-toasted-tsujido.html

雑誌などメディア掲載

OZmagazine オズマガジン 「おいしいフルーツ」 2018年7月号 掲載
https://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/ozmagazine-2018-07-fruit.html

OZmagazine オズマガジン 「楽しい文具と紙のもの」 2018年3月号 掲載
https://argyledesign.co.jp/work/graphicdesign/ozmagazine-201803.html


[NEW]  秋、北鎌倉fall and kitakamakura

[NEW] 秋、北鎌倉
fall and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「秋、北鎌倉 / fall and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紅葉の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紅葉をデザインモチーフとした「てぬぐい」二種を、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

光琳の燕子花の型紙のリズミカルな反復の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。 色づく山々。北鎌倉らしいテキスタイル・デザインとなりました。

2018年11月上旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!