アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 横須賀 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

歳晩のみぎり – 年末年始休業のお知らせ

梅

振り返ると2019年は、CIやVIといったロゴマークやロゴタイポグラフィーに代表されるブランドデザインのデザイン仕事が例年にくらべ多かったように思います。ロゴ周りへは想いを寄せていることもあり、断ることも知らず、おかげを持って忙しくも愉しい一年を過ごすことができました。
今年もたくさんのデザインを共にのこすことができましたこと、この場を借りてクライアントのみなさま、ならびにサポートをしていただいたみなさまにこゝろから厚く御礼を申し上げます。結局のところデザインはひとりきりでつくることなどできないのですから。

「流行っている(流行りそう)とか、誰かが作ったとか、有名だとかじゃなくて、そもそもそれがどんな "かたち" をしているのかを、借りた眼鏡を捨てて自分たちの眼でしっかりと見てみよう。」

これは長らく続くアーガイルデザインのテーマです。 "かたち" や "眼" をほかの言葉へと自由に置き換えることも可能でしょう。ぼくらがつくるデザインの善し悪しは、ぼくらの見るちからの質とたしかに繋がっている。
来たるべき2020年も "見ることのレッスン" を丁寧に続け、ふつうで新鮮な造形をぼくらのやりかたで編んで行きたいと思っています。

一方で、「飾りがないことは嘘がないこと」、「嘘のない装飾」というデザインにおいては禅問答のような難題を深く考えた一年でもありました。
モダンデザインは、権力の象徴の装飾から自由になったことからはじまりました。果たして、飾らないことでデザイナーは自らのアイデンティティが現れるデザインをどう表現しうるのか。
美しさと飾ること ––––––– 
見るちからともリンケージした永遠の問いです。

なにかと価値やスタイルの移ろいが激しく慌ただしい今日日、年の瀬から新しい年にかけて時にゆっくりしながらぜひともおだやかにお過ごしください。
新春がみなさまにとって素晴らしい一年でありますよう祈念し、歳晩のみぎりのご挨拶と代えさせていただきます。

〈年末年始休業のお知らせ〉

年末年始の営業日について、以下の通りお知らせいたします。何卒ご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
休業中のお問合せにつきましては、年始営業日のご対応とさせていただきます。

◎休業日 - 2019年12月27日〜2020年1月5日


2019年12月吉日
株式会社アーガイルデザイン


雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始

*完売いたしました。
Exhibition

Exhibition "5th Fruit Labels Traveler" CORNO, Kamakura

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


鎌倉由比ガ浜CORNOでは、吉本宏(bar buenos aires / resonance music)と宮良当明(Argyle design)による「fruit labels traveler 旅するフルーツシール展」を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めたエキシビジョン。
2016年、東京渋谷・大阪中之島の二つのデルフォニックスギャラリー、2017年、兵庫姫路 HUMMOCK Cafe、藤沢辻堂 Toastedで好評を博した同展の第5回目の巡回展となります。
本展では、2,200枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、バッジ、トートバッグなどオリジナルデザインアイテムを限定販売(新作もあり)。
また、期間中は、CORNO特製FLTプレート、フルッタドルチェが彩りを添えます。
二年ぶりの「旅するフルーツシール展」、この機会にフレッシュでジューシーな果物シールの小さな世界をぜひご覧ください。


*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。