アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

André Mehmari – Juan Quintero, Japan Tour 2O17|グラフィックデザイン|『SERPENTINA』音楽CDジャケット|パッケージデザイン

新時代の南米音楽が
ここに。

André Mehmari と Juan Quintero ワールド・プレミア日本公演のリーフレット・デザインを担当しました。
CDサイズを下敷きとし黄金長方形を用い、シンプルかつ軽やかにレイアウト/文字組みをしています。出演者、写真が良いとすべてが良しの典型のようなデザインワークでした。

本公演は、富山/渋谷/名古屋/岡山の四会場。果たして、2017年以降、日本でこの二人の再びの共演を観る機会に恵まれるのでしょうか。ぜひお近くの会場にお立ち寄りください。東京は渋谷スペイン坂上、シネマライズ跡地の WWW X です。

なお、Carlos Aguirre を加えたブラジル、アルゼンチンを代表する三人のマエストロによる歴史的なトリオ初作品 『SERPENTINA セルペンティーナ』 (Estúdio Monteverdi)は、公演会場にて日本先行お披露目とのこと。 (NRT quiet border 010)
新曲を含め、Carlos Aguirre の至極のマスターピース 「Los Tres Deseos de Siempre(永遠の三つの願い)」 も収録。
なお、アーガイルデザインでは、CD 『SERPENTINA セルペンティーナ』 のデザインフィニッシュとプリンティングディレクション等をサポートしました。

追記:
タイトル 『SERPENTINA セルペンティーナ』 の意は、植物の「インド蛇木」からだろうか。古来インドでは、民間薬として毒蛇による咬傷や精神の病の治療薬として用いられた。
この数年のあいだ、メマーリ、キンテーロ、アギーレの三匹の蛇神に鋭く咬まれたままのぼくらは、このアルバム『Serpentina』で治され、癒される。

NEW CD Album / Serpentina / André Mehmari, Juan Quintero and Carlos Aguirre


アンドレ・メマーリ/フアン・キンテーロ 日本公演 フライヤー・リーフレット
André Mehmari – Juan Quintero, Japan Tour 2017 / leaflet – flyer / cover


André Mehmari – Juan Quintero, Japan Tour 2017 / leaflet – flyer / cover - back cover


アンドレ・メマーリ/フアン・キンテーロ 日本公演 フライヤー・リーフレット
André Mehmari – Juan Quintero, Japan Tour 2017 / leaflet – flyer / inside




André Mehmari – Juan Quintero
Japan Tour 2O17

現代ブラジルが生んだ最高峰ピアニスト/作曲家、アンドレ・メマーリ。
現代アルゼンチン音楽の代表的グループ ACA SECA TRIO のフロントマンにして、
同国屈指のシンガーソングライター/ギタリスト、フアン・キンテーロ。
南米を代表する二人の音楽家が互いの楽曲を持ち寄り、マルチ奏者としての才能も発揮しながら、
「歌」と「インストゥルメンタル」を自在に行き来しつつ繰り広げる新世紀の南米音楽。
ワールド・プレミアとなる日本ツアーの開催が決定。

André Mehmari -piano, synth, melodica, voice
Juan Quintero -voice, guitar, percussion


招聘・主催: スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド実行委員会/NRT(maritmo株式会社)
愛知公演共催: PaPiTaMuSiCa
岡山公演制作: moderado music
後援: 駐日ブラジル大使館 在日アルゼンチン共和国大使館

※チケットのご予約・当日券情報などについては、各会場/プレイガイド/予約窓口までお問合せ下さい。


8/27 sun 富山
円形劇場ヘリオス

~フェスティバル<SUKIYAKI MEETS THE WORLD2017>
会場:
福野文化創造センター ヘリオス
SUKIYAKI MEETS THE WORLD official site:
http://sukiyakifes.jp

8/30 wed 東京 渋谷
WWW X

~フェスティバル<SUKIYAKI TOKYO 2017>
開場18:30 開演19:30
前売5,000円 当日5,500円
(単日券/オールスタンディング/入場時別途ドリンク代500円)
会場:
WWW X
03-5458-7688
チケット予約:
一般販売 6月3日(土)〜
チケットぴあ t.pia.jp 電話予約:0570-02-9999 [Pコード 334-263]
ローソンチケット l-tike.com ※電話予約なし [Lコード 71622]
イープラス www.eplus.jp/sukiyakitokyo
WWW店頭
※学生割引
当日券のみ。受付にて学生証提示で当日券が1,000円OFFになります。
(入場時に写真付き学生証を提示が必要です。ドリンク代別途500円必要。 富山スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド半券提示割引との併用はできません。)
※高校生以下無料
(高校生以下は入場時に写真付き学生証の提示が必要です。高校生以下も別途ドリンク代500円必要です。)
※今年の富山スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドの半券を受付にて提示すると当日券1,000円OFF
(学生割引との併用はできません。ドリンク代別途500円必要。)
SUKIYAKI TOKYO official site:
www.sukiyakitokyo.com

9/1 fri 愛知
THE BOTTOM LINE NAGOYA

開場19:00 開演19:30
予約4,500円 当日5,000円(全席自由/入場時にDrink代別途要)
※学割:ボトムラインに事前予約の上、当日学生証提示で前売料金から¥1,500キャッシュバック
※未就学児童入場不可
会場:
THE BOTTOM LINE NAGOYA
名古屋市千種区今池4丁目7番11号
地下鉄今池駅3番出口前
052-741-1620
www.bottomline.co.jp
チケット予約:
<6月12日10時より受付開始>
PaPiTaMuSiCa
papitamusica@gmail.com
※公演名・お名前・人数・連絡先をご明記のうえお申し込み下さい
<一般発売/6月24日開始>
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999(Pコード: 336-630)
ローソンチケット l-tike.com 0570-084-004(Lコード: 42224)
イープラス http://eplus.jp
ボトムライン 052-741-1620

9/2 sat 岡山
蔭凉寺(いんりょうじ)

開場18:30 開演19:30
予約 5,500円 当日6,000円(限定80名/全席自由)
会場:
蔭凉寺
岡山市北区中央町10-28
※会場への直接のお問い合せはご遠慮下さい。
予約・問い合わせ:
メール予約 moderado music (moderadomusic@gmail.com)
※6/12(月)10時より予約開始
※公演名・お名前・人数・連絡先をご明記のうえお申し込み下さい
チケット取扱店:
グリーンハウス倉敷店、グリーンハウス岡山店、レコード屋、城下公会堂、DINDI、蔭凉寺



client: NRT / maritmo 株式会社
city: 神奈川県鎌倉市
art direction: masaaki miyara
design: masaaki miyara / hiromi kawaguchi / argyle design
notes: flyer leaflet リーフレット フライヤー 音楽 NRT アンドレ・メマーリ  フアン・キンテーロ  カルロス・アギーレ SERPENTINA 音楽CD アルバム


[NEW]  秋、北鎌倉fall and kitakamakura

[NEW] 秋、北鎌倉
fall and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「秋、北鎌倉 / fall and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紅葉の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紅葉をデザインモチーフとした「てぬぐい」二種を、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

光琳の燕子花の型紙のリズミカルな反復の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。 色づく山々。北鎌倉らしいテキスタイル・デザインとなりました。

2018年11月上旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!