アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 横須賀 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

FRUTA TROPICAL|World Wide Wonderland, Fruit Labels Issue; Cal:2014|グラフィックデザイン

FRUTA TROPICAL|World Wide Wonderland, Fruit Labels Issue; Cal:2014|グラフィックデザイン
jacket_face

12

11

10

9

8

7

6

5

4

3

2


イパネマ海岸をゆく彼女
すらりとして小麦色の肌
甘美なスウィング、優しく揺れて
その足どりはサンバのよう

軽やかなボサノヴァのリズムにのってコパカバーナ海岸へ
コルコヴァードの丘にそびえたつキリスト像

波を思わせる白と黒のタイルの遊歩道
海に面したミューズのアパートメント

耳をすませば、波も風も木々も
この街は、すべてが音楽を奏でている


FRUTA TROPICAL|World Wide Wonderland, Fruit Labels Issue; Cal:2014



client, self-promotion, goods for sale
art direction: miyara masaaki
design: miyara masaaki and kawaguchi hiromi
copywrite: hiroshi yoshimoto
selection: hiroshi yoshimoto 吉本 宏 and masaaki miyara 宮良当明
notes: cal, limited edition

ADP 015 
An ARGYLE DESIGN Production
©2013 Argyle Street




吉本 宏
SUBURBIA〜Café Après-midiプロダクツでの執筆や、usen for Café Après-midi の選曲、MUZAK や澤野工房、セレスト、Spice of Life、disques dessinee の CD のライナー・ノーツなどを手がける音楽文筆家。2010年より山本勇樹氏、河野洋志氏と共に bar buenos aires を主宰。2007年には、アントニオ・カルロス・ジョビンの生誕80周年を機にリオデジャネイロを訪れ、映画「This is BOSSA NOVA」のパンフレットのためのカルロス・リラへのインタヴューなどを行う。2009年には、イタリアの才能あるシンガー・ソングライター、ジョルジオ・トゥマの国内盤、2010年には、カルロス・アギーレの初めての国内盤のライナー・ノーツを手がけ、彼らの瑞々しい音楽の魅力を紹介。
http://barbuenosaires.tumblr.com

宮良当明
アートディレクター、デザイナー、フォトグラファー。ARGYLE DESIGN argyle street tea room, is not a cafe 代表。グラフィックデザイン、CI・VI デザイン (ロゴ・ヴィジュアル) からブランディング、ウェブデザイン、写真まで幅広く手がける。グラフィックはもちろん、ポラロイドや 6×6 などの正方形フォーマット写真愛好家。天気の良い休日の午後には、三崎港、江の島、金沢八景、金田湾あたりで、中判カメラをぶら下げながら釣り糸を垂らす日々。
www.argyle-street.com

Explore More Work

雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始

*完売いたしました。
Exhibition

Exhibition "5th Fruit Labels Traveler" CORNO, Kamakura

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


鎌倉由比ガ浜CORNOでは、吉本宏(bar buenos aires / resonance music)と宮良当明(Argyle design)による「fruit labels traveler 旅するフルーツシール展」を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めたエキシビジョン。
2016年、東京渋谷・大阪中之島の二つのデルフォニックスギャラリー、2017年、兵庫姫路 HUMMOCK Cafe、藤沢辻堂 Toastedで好評を博した同展の第5回目の巡回展となります。
本展では、2,200枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、バッジ、トートバッグなどオリジナルデザインアイテムを限定販売(新作もあり)。
また、期間中は、CORNO特製FLTプレート、フルッタドルチェが彩りを添えます。
二年ぶりの「旅するフルーツシール展」、この機会にフレッシュでジューシーな果物シールの小さな世界をぜひご覧ください。


*終了いたしました。ご来場ありがとうございました。