アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

mono 森音|雑貨店|ショップカード・ネームカード|グラフィックデザイン|北海道 美幌

The Idea of North
大地と空と音のグリッド・デザイン。

北海道 美幌の愛すべき名雑貨店「mono 森音」のショップカードとネームカード(名刺)を、飾りや自らの色を隠し(見えないように)デザインをしました。

北の大地と空と音の理念を想い描きながら、和文と欧文、人の痕跡と野の痕跡、ブルーのマリヌとグリーゼの対比を客観的なグリッドに反照させました。
南で採れたバガスのラフ肌な厚紙は、版画紙のようにゆっくりと色々を吸い込み、北の森のような静かなテクスチャーと深度を無作為につくります。

同店は、開店十周年の節目を機に、今年四月「CAFE+ZAKKA 森音」から雑貨店「mono 森音」として再出発をしました。
Blackbird のイラストを添え、更なる発展と進化をここ横浜から心より祈っています。

お近くにお住まいの方や、道東へのご旅行の節は、ぜひぜひお立ち寄りください。


mono 森音|ショップカード|表裏
mono 森音|ショップカード|表裏

mono 森音|ショップカード|表裏
mono 森音|ショップカード|表裏
mono 森音|ショップカード|ピクトグラム


mono 森音|ショップカード|表裏
mono 森音|ショップカード photo_ Nozomi Seto 森音内にて



雑貨店|mono 森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。


北海道網走郡美幌町大通北3丁目9-1
open 10:30 - 18:00  
定休日 火/水
tel/fax 0152 72 2177
http://cafe-morion.com/
Please follow on FacebookInstagram




mono 森音|雑貨店|ショップカード・ネームカード|グラフィックデザイン|北海道 美幌

client: mono 森音
industry types: 雑貨店 house/table ware, accessory, bag, stationary, japanese crafts, musicCD and others
city: 北海道網走郡美幌町
art direction, design: masaaki miyara 宮良当明 アーガイルデザイン
illustration: Toichi Otaki 大瀧當一 / masaaki miyara 宮良当明
notes: ショップカード, ネームカード, 名刺, オフセット印刷, プリント, ハイブリッドバガス, FSC森林認証紙, グラフィックデザイン, ラフホワイト, グリッドデザイン, ブルー・グリーゼ, ブルー・マリヌ, ネイヴィー, イラスト, 厚紙, 雑貨店, マップ/地図, zakka, card, design, print, hokkaido, bihoro


[NEW]  秋、北鎌倉fall and kitakamakura

[NEW] 秋、北鎌倉
fall and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「秋、北鎌倉 / fall and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紅葉の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紅葉をデザインモチーフとした「てぬぐい」二種を、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

光琳の燕子花の型紙のリズミカルな反復の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。 色づく山々。北鎌倉らしいテキスタイル・デザインとなりました。

2018年11月上旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!