アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

Mayfair Flowers メイフェアフラワーズ|特厚合紙ボード タグカード・銀箔押し|グラフィックデザイン プリントデザイン|東京都世田谷区

メイフェア・フラワーズ 合紙カード 銀箔押し プリントデザイン グラフィックデザイン

鮮かでフレッシュなつながり、生活の愉しさのエッセンスが溢れる場所に

東京都世田谷区桜新町(弦巻)のフラワースタジオMayfair Flowersの特厚合紙ボードタグカードをデザインしました。
Mayfair Flowers主宰のフローリスト村田さとみさんとは、早いものでもう15年近いお付き合いになったのでしょうか。2004年の初春、自宅ダイニングテーブルを囲んだ小人数のフラワーレッスンから始まり、2013年秋、桜新町駅近くの大通りに路面店舗のリ・オープン。さまざまなターニングポイントで、ロゴタイプ、グラフィックス、サインを始め数多の制作物のデザイン/ディレクションを担当してきました。

やさしく風合いのあるコットンスノーホワイトとダークブラウンの特厚ボード紙を貼り合わせ、スノーホワイト面側に「ロゴシンボル」と「Setagaya Tokyo」を村田金箔の光沢シルヴァー・グリームホイルで箔押しをしました。大小二種サイズを用意し、小サイズはダイカットで抜き断裁をしています。場合により、2mmØの穴を開け、シルヴァー色の絹紐を通し、フラワーアレンジメントにチャームとして飾り付けることができる仕様も想定しています。
光沢シルヴァーのみのシンプルなプリントデザインは、過去に制作し長く活用をされているショップカード、名刺、品質保証書、封筒、シール、ファサード・サインなどのシルヴァー(特色・箔押し)をあしらったベーシックアプリケーションの延長線上の親和性を十分に持たせることで、Mayfair Flowersのブランディングに奥行きとトーンアンドマナーを与えました。

光線の角度によってその表情を変え、時にシャープに、時に控えめに柔らかく反射する箔押し加工は、カードやラベル、パッケージデザインにおいて独特の美しさと上品さ、クラッシーな佇まいを醸しだします。
英国の香り豊かな書体CASLONをベースにデザインを施したロゴタイポに合わせた「Setagaya Tokyo」のフレーズを、ベーシックアプリケーションでは初めて印字しました。ショップの開店から早5年。もうすっかり世田谷桜新町の街のランドマークとなり、街を鮮やかに彩るショップのひとつとして健やかに成長をしたMayfair Flowersのある種の矜恃と受け取れます。

結びに、2013年のショップ開店の際に用意をしたフライヤーに掲げたコピーを引用します。
チューリップの球根の植え付けの頃、不安と期待を携えながらリ・スタートをしたMayfair Flowersは、新たな出逢いを通じ、鮮やかでフレッシュなつながり、生活の愉しさのエッセンスがたくさん溢れる場所になったはず。そして、これからも明るく美しく輝き続けることを心から願っています。


いままで「ありがとう。」
そして、新しい出逢いに「こんにちは。」

2004年の初春、ふたりだけの受講生からゆっくりとあゆみ始めたメイフェア・フラワーズ。
ダイニングテーブルを囲んだ、微笑み溢れるアットホームなレッスンから、多くの卒業生が巣立って行きました。
菊花薫る十一月、メイフェア・フラワーズは、桜新町に装いも新たにリ・オープンいたします。鮮かでフレッシュなつながり、生活の愉しさのエッセンスが見つかる場所。
新しいメイフェア・フラワーズでお逢いしましょう






メイフェア・フラワーズ 合紙カード 銀箔押し プリントデザイン グラフィックデザイン
Mayfair Flowers|Identity CI, Graphics and Sign
Mayfair Flowers|Identity CI, Graphics and Sign
30周年記念パーティー|ホテル会場風景|ステージ
鎌倉 由比ガ浜 CORNO コルノ|ロゴシンボル


PlayPause


ArrowArrow

Slider



Mayfair Flowers メイフェアフラワーズ

東京都世田谷区弦巻3-9-5 〒1540016
03 6385 2788 .phone&facsimile




Mayfair Flowers メイフェアフラワーズ|特厚合紙ボード タグカード・銀箔押し|グラフィックデザイン プリントデザイン|東京都世田谷区

client: mayfair flowers inc.
city: 東京都世田谷区 setagaya tokyo
creative direction and design: miyara masaaki and argyle design
notes: カード 合紙 ボード紙 箔押し 銀 シルヴァー logo typography ロゴタイポ 村田金箔 グラフィックデザイン プリントデザイン グリームホイル 貼り合わせ合紙 コットンホワイト ダークブラウン ダイカット 桜新町 弦巻 世田谷 東京都 チャーム ショップカード 特厚カード メイフェアフラワーズ フラワーショップ フラワーアレンジレッスン 路面店 村田さとみ mayfair flowers



雨、北鎌倉rain and kitakamakura

雨、北鎌倉
rain and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「てぬぐい」「トートバッグ」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年4月上旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!