アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

酉 平成二十九年

年賀状 酉 2017 おめでた満タン

酉 年賀状 2017 版画

恭賀新春


アーガイルデザインは、本年もフラットで民主的な視線を保ち、フレッシュなデザインを丁寧にかたち作っていきます。
本年も相変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

平成二十九年 元旦







All the best wishes goodhealth and happiness 2017


旧年の春から夏。展示会用にと、こぶりな来場記念トラヴェラー・スタンプを作りました
以下のテキストは、スタンプコーナーに添えたキャプションボードの一節です。

「旅先の駅舎やリゾート地で、何気なく押したアナログなスタンプの印(しるし)は、手帳にも記憶にもずっと残っているものです。」

東京渋谷、大阪中之島、姫路的形の場所のネームと会期を入れた三個のスタンプは、ご来場いただいた多くの方々の押印ですっかり使い古されてしまったけれど、想い出深いスーヴェニールとなって、デスクの上に飾られています。回を重ねるごとに増えていくことも愉しみにしているところです。
そのゴムスタンプのハプニング性を携えた印字のトーンがとても美しかったので、以来、凸版画のグラフィックとのリミクスについてあれやこれやと思案しています。
手の痕跡がありそうでないもの。無作為の作為。普遍性のなかの個性。写しから生まれるアイデンティティ。飽きそうで飽きないもの。被写界深度の深浅の際目。発見と創作。記憶と記録。窓と鏡。オリジンとリミクス。
禅問答のような投げかけと答えは、ぼくらの思考するデザインの向かうべき健やかな場所付近なのかもしれません。
さあ、新しい春。新鮮な風と幸運をつかみ、ずっと残っていくサトリを得ることができるでしょうか




client: self-promotion
art direction, design and illustration: 宮良当明 アーガイルデザイン
notes: graphic design, screen print, gold, black, postcard, greeting card, handmade, stamp, lithograph, ポストカード, 年賀状, 版画, スクリーン印刷, 金, 黒, グリーティングカード, ハンドメイド, スタンプ, 凸版画, 孔版印刷, 2017, 新春

Explore More Work

[New] 雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

[New] 雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "5th Fruit Labels Traveler" CORNO, Kamakura

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


鎌倉由比ガ浜CORNOでは、吉本宏(bar buenos aires / resonance music)と宮良当明(Argyle design)による「fruit labels traveler 旅するフルーツシール展」を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めたエキシビジョン。
2016年、東京渋谷・大阪中之島の二つのデルフォニックスギャラリー、2017年、兵庫姫路 HUMMOCK Cafe、藤沢辻堂 Toastedで好評を博した同展の第5回目の巡回展となります。
本展では、2,200枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、バッジ、トートバッグなどオリジナルデザインアイテムを限定販売(新作もあり)。
また、期間中は、CORNO特製FLTプレート、フルッタドルチェが彩りを添えます。
二年ぶりの「旅するフルーツシール展」、この機会にフレッシュでジューシーな果物シールの小さな世界をぜひご覧ください。