アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

Treasure Note 2019|オリジナルデザイン・ノートブック|装幀・ブックデザイン グラフィックデザイン|東京都千代田区

自由な発想から宝を生み出す
オリジナルデザインノート。

リユースカンパニーのトップランナー、株式会社Treasure Factory の社内用2019年度版 Treasure Note の企画、クリエイティヴ・ディレクション、デザイン、編集、装幀・ブックデザイン、本文デザイン、印刷・製本を担当、2016年、2017年、2018年に引き続く、四作目となりました。

新しいコンセプトのもと大きくリニューアルされた 160頁からなるこのオリジナルノートブックは、コーポレイト・ヴィジョンをはじめ、当年度のテーマを共有すべく、本社、各事業所および全国124店舗の全社員に配布され活用されます。

2017年度版からは、「A5サイズ版」に加え、新たに一回り小さな「A6サイズ版」をラインアップし、前年同様の上製本、糸かがり綴じ、花布(はなぎれ)、スピン、ファブリック(布)張り装丁、銀箔押しに加え、ホローバック(腔背)仕様を実装しました。

"この白紙の1ページから未来が拡がる。
書く、記す、描く、遺す、思考する。
大切なことが見えてくる –––––––––"

このノートブックが自由な発想から生まれるアイデアの宝庫となり、未来がさらに拡がり躍進することを願っています。

社内ノートブック 2019|装幀・ブックデザイン グラフィックデザイン|東京都千代田区
社内ノートブック 2019|装幀・ブックデザイン|帯|銀箔押し ファブリック装 ホローバック(腔背)


社内ノートブック 2019|装幀・ブックデザイン グラフィックデザイン|東京都千代田区
社内ノートブック 2019|装幀・ブックデザイン|銀箔押し ファブリック装 ホローバック(腔背)


社内ノートブック 2019|装幀・ブックデザイン グラフィックデザイン|東京都千代田区
社内ノートブック 2019|装幀・ブックデザイン|無地ノートページ|見返し 栞(スピン) 花布(はなぎれ) 糸かがり綴じ ホローバック(腔背)


Treasure Factory|Treasure Note 2019

client: 株式会社 Treasure Factory
city: 東京都千代田区
creative direction and design: 宮良当明 masaaki miyara and argyle design crew
notes: 装丁 / 箔押し銀(ホットスタンプ)/ オフセット印刷 / 上製本 / 布張り / 帯 / 糸かがり綴じ / 花布 / スピン / 見返し / NT ラシャ / 企画編集 / ブックデザイン / 編集 / クリエイティヴ・ディレクション / 淡クリームキンマリ / ハードカバー / 表紙クロス / 布クロス / 布装丁 / ファブリック / チップボール / fabric / ホローバック(腔背) / 角背 / 地券紙 / オリジナルノート / 北越紀州製紙 / 竹尾


Explore More Work

[New] 雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

[New] 雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "5th Fruit Labels Traveler" CORNO, Kamakura

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


鎌倉由比ガ浜CORNOでは、吉本宏(bar buenos aires / resonance music)と宮良当明(Argyle design)による「fruit labels traveler 旅するフルーツシール展」を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めたエキシビジョン。
2016年、東京渋谷・大阪中之島の二つのデルフォニックスギャラリー、2017年、兵庫姫路 HUMMOCK Cafe、藤沢辻堂 Toastedで好評を博した同展の第5回目の巡回展となります。
本展では、2,200枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、バッジ、トートバッグなどオリジナルデザインアイテムを限定販売(新作もあり)。
また、期間中は、CORNO特製FLTプレート、フルッタドルチェが彩りを添えます。
二年ぶりの「旅するフルーツシール展」、この機会にフレッシュでジューシーな果物シールの小さな世界をぜひご覧ください。