アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会|『つたえる、つたえる。』|装幀・ブックデザイン 編集 グラフィックデザイン 写真 コピー|東京都国立

瞬間瞬間に流れていた空気と、溢れ出た人々の喜怒哀楽をここに。

精神保健、障がい者支援のフロンティアでトップランナー、東京都 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 著の『つたえる、つたえる。』の編集、装丁、ブックデザイン、写真撮影、コピーを担当しました。

過去の膨大なテキストや写真を時系列上にシンプルにピックアップ、レイアウトし、その時代時代に「つたえたかったこと」を丁寧に編み込みました。
僅か百数ページで、三十年のすべてを物語れるものではありません。しかし、その瞬間瞬間に流れていた空気と一緒に、関わり持った多くの人たちから溢れ出た喜怒哀楽を、このパッケージの中に余すことなく閉じ込めることができたのではないか…… と、ささやかながらそう思っています。

装丁では、小口をがんだれのように折り込むフランス表紙を効果的に機能的に活かし、棕櫚の花ことば「変わらぬ友情」を添えつつ、30年の時間という大きなひろがりを現しました。

機会があればぜひ手に取りご一読ください。

追記:
この記念冊子 『つたえる、つたえる。』は、30周年記念事業の一環で出版・発行をし、四月吉日、都内ホテルで催された「棕櫚亭 30周年記念パーティー」と発行日を袷せ、ご出席者のみなさまへ謹呈をしました。

2015年、ロゴシンボル・デザインと CI(コーポレート・アイデンティティ)の再構築からスタートをし、その後、ウェブサイト・リニューアル各種パンフレットの再整備、そして、パーティーの開催、この記念冊子の発行を持って、担当をした一連のプロジェクトの終わりを無事迎えることができました。

また、本記念パーティーのヴィジュアル・デザイン、各種制作物、プロジェクション・ワーク、装花(フラワーアレンジメント)もアーガイルデザインでディレクションを担当しました。





『つたえる、つたえる』表紙/装丁/ブックデザイン
『つたえる、つたえる』表紙/装丁/ブックデザイン/フランス表紙
『つたえる、つたえる』本文デザイン/装丁/ブックデザイン
『つたえる、つたえる』本文デザイン/装丁/写真撮影/ブックデザイン
『つたえる、つたえる』本文デザイン/装丁/ブックデザイン/奥付
『つたえる、つたえる』本文デザイン/装丁/ブックデザイン
30周年記念パーティー|ホテル会場風景|書籍『つたえる、つたえる。』


PlayPause


ArrowArrow

Slider

つたえる、つたえる。
-棕櫚亭の30年のことば-


2017年4月23日発行

編著・編集 天野聖子

装幀・本文デザイン・写真・編集 宮良当明(アーガイルデザイン)

イラストレーション バベットしもじょう

ゴム版画 あまのさくや(さくはんじょ)

発行人 小林由美子

発行 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会

東京都国立市富士見台1-17-4 〒186-0003
TEL 042-571-6055
www.shuro.jp


©2017 Social Welfare Corporation Tamashurottei Organization

Printed in Japan

SHURO BOOKS

菊判(218mm×152mm)/並製本/無線綴じ/オフセット印刷/104ページ/フランス表紙(がんだれ・小口折)/筋入れ/PPマット加工


目次


献辞  3
-
まえがき(棕櫚亭のはじまりからもう30年)  5
-

はじまり、はじまり 1986-1995  11
-
Documentary 樹幹  36
-

つながる、つながる 1996-2005  39
-
Documentary 樹葉  58
-

ひろがる、ひろがる 2006-2015  61
-
Documentary 樹花  84
-

あゆんだ、あゆんだ(あゆみ)  86
-
つづける、つづける(あとがきに代えて)  95
-

奥付  99




client: 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会
city: 東京都国立市
art direction, edit, photography and copy: miyara masaaki
design: argyle design and kawaguchi hiromi
notes: ブックデザイン, 装丁, 装幀, 本文デザイン, 編集, 企画, 写真撮影, エディトリアル, グラフィックデザイン, コピー, 菊版

[NEW]  秋、北鎌倉fall and kitakamakura

[NEW] 秋、北鎌倉
fall and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「秋、北鎌倉 / fall and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紅葉の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紅葉をデザインモチーフとした「てぬぐい」二種を、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

光琳の燕子花の型紙のリズミカルな反復の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。 色づく山々。北鎌倉らしいテキスタイル・デザインとなりました。

2018年11月上旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018"

ピアチェーレ! 
鮮やかな黄色いレモンに ちいさなキッスをすると
爽やかな香りがにこっり微笑む。

好奇心の赴くままに世界を旅する旧友
イタリア人のアレッサンドロ・モレッティ氏が
旅先でパスポート・ケースに貼りつけた
12のフルーツシール。

2018年、13年目のスタート
Fruit Labels Calendar


2017年12月1日
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!