アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

カルロス・モスカルディーニ「マノス」音楽CDアルバム|グラフィック パッケージ デザイン

manos_1_m

manos_2_s

manos_3_s

manos_4_s

manos_5_s

manos_6_s

manos_7_s

manos_8_s

〈新しい波形の未来〉を瑞々しく描いた CD 『Wavenir』(1hummock) からはや一年。 "二十一世紀の音楽ライブラリー" を謳うハンモックレーベルの第二弾アルバムは、ギタリスト/作曲家 カルロス・モスカルディーニの『Manos』です。

アーガイルデザインでは、アートディレクション / デザインを、『Wavenir』に引き続き担当しました。カヴァーアートは、「& Premium アンドプレミアム」などの雑誌や広告で活躍する切り絵作家 ちょっきんきりえ Yuya Chokkin Kirie 氏。彼の左手の痕跡が仄かに溶け込んだ書き下ろし作品です。爪弾く律動的な音粒とそれらの美しいリエゾンの響きが確かに聴こえる、魅力たっぷりの Paper Cut-out を用意してくれました。

"2 hunmmock" の音源は、またまた素晴らしいの一言。クラシカルだけれど創造的。〈素朴の美〉を憶える、エヴァーグリーンなインストゥルメンタル音楽集です。
「見て知りそ、知りてな見そ」という好きな言葉がありますが、先入観や知識に頼らず、ありのままのこの音に触れて欲しいと思うアルバムの一枚です。9月17日に全国一斉発売をしましたが、Tower Records をはじめ、大小多くの取り扱い店舗(レコードCDショップ/雑貨店/カフェ等)のサポートもあり、じわりじわりこの作品の本質とチャームが、各地に確かに伝播していると聞いています。
この作品を耳にしたら、きっとロングライフな良い作品に出逢えたと思ってもらえるはず。ありそうでなかったオーガニック・スタンダードな音楽です(Yuyaくんのカヴァーアートも!)。まずは、ぜひ聴いてから知ってください。

Carlos Moscardini "Manos" CD



ブエノスアイレスに息づくクレオール。
伝統と創造を編むクラフトアートのような〈素朴な美〉を感じさせるギター作品。

想像の余白を残した器楽中心アルバムをリリースするハンモックレーベルの第二弾。
1959 年生まれブエノスアイレス在住ギタリスト作曲家 カルロス・モスカルディーニによる書下ろし曲、スタジオ・ニューレコーディング、名作マスター音源からリマスタリング収録した全曲オリジナル/初の日本盤ヒストリーアルバム『Manos – マノス(手)』。

円熟した手の温もりを感じるギター独奏を中心に、女性ピアニスト リリアン・サバとの二重奏、ヴァイオリニスト ラミロ・ガジョ率いる弦楽四重奏のリリカルな調べに心の機微を掴まれる優美なインストゥルメンタル集。

------------------------------

Art direction & design:Masaaki Miyara(Argyle Design)
Cover art:YUYA “Round & Sound for People” 2015
Adviser:Shota Inaba / Inpartmaint Inc.

------------------------------
品番:2hummock
発売日:2015/9/17
本体価格:2,400円(+消費税)
JANコード:4532813841342
形態:国内盤CD/紙ジャケット
ライナー:伊藤亮介(大洋レコード)
発売元:ハンモックレーベル(担当:中村)
問い合わせ:079-254-1400
ディストリビューター:インパートメント
問い合わせ:03-5467-7277

------------------------------

収録曲

1. Huella perdida 失われた足跡
2. Duendes mulatos 混血の妖精
3. Temperley テンペルレイ *
4. El último aliento 最後の息*
5. Julia フリア
6. Sebastián セバスチャン*
7. El gato ガト
8. Adiós a los cien cuervos 100羽のカラスに別れを
9. A la niñez nuestra 我々の幼年期に
10. Raíces ocultas 秘密のルーツ
11. El corazón manda 命じる心*
12. Doña Carmen カルメン夫人*
13. A esas almas これらの魂に
14. Aguas y penas 水と哀しみ
15. Solo distancia 距離だけ**

All the tracks composed & produced by Carlos Moscardini
* スタジオ・ニューレコーディング
** 書下ろし新曲/初収録

------------------------------

参加ミュージシャン

Carlos Moscardini: Guitars, Manuel Contreras 1976 and Hilario Carracedo 1976
Lilián Saba: Piano(5 Julia)
Cuarteto de cuerdas(14 Aguas y Penas)
Ramiro Gallo: violin 1
Perla Flores: violin 2
Kristina Bara: viola
Claudia Sereni: violoncello

------------------------------

曲解説

牧歌的で愛らしいギターの音色、大草原パンパ由来のリズム ウエジャ(轍)と 人間らしい歩みを喩えた [1]。
クレオールの妖精が舞うようなラプラタ川流域の舞踏曲 [2]。
幼少期に過ごした土地の駅名を冠した [3]。
ギターのハーモニクスが静寂に余韻を残す [4]。
愛娘フリアに捧げたギターとピアノが語り合うように美しい [5]。
感傷的なカンシオン [6]。
猫が踊る様子が由来の陽気なリズム [7]。
意思の強さと優しさが同居した弦の響き [8]。
若かりし日の記憶を回想するようなドラマティックな曲想 [9]。
ミステリアスで叙情的なワルツ [10]。
アンデスからクージョ地方まで広がるクエッカのリズムに静かなる情熱を感じる [11]。
4歳でスペインからアルゼンチンへ移住した祖母に捧げたクレオールのワルツ [12]。
余白を残したギターの調べに心鎮まる [13]。
グアラニー・スピリットをギターと弦楽四重奏で奏でる切なく優美な水辺の音楽 [14]。
ラストには彼の座右の銘である "Musica,sonidos y silencios" が表れた書き下ろし曲 [15] により穏やかな静寂に包まれる。

------------------------------

プロフィール Carlos Moscardini

1959年、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ロマス・デ・サモラに生まれる。故郷近くバンフィエルドにある名門音楽院 Conservatorio de Música Julián Aguirre でギターを学び、タンゴとフォルクローレ、ジャズとクラシック音楽、そしてルイス・アルベルト・スピネッタにも影響を受けた都会的な洗練と郊外の素朴な風景を描写したコンポジションが特徴。
1994年、カナダで開催されたモントリオール・ジャズ・フェスティバルに出演。北米、中南米、ヨーロッパ、アジアの20か国以上の国での豊かな演奏経験を持つ。
リリースはこれまで5作品。初のソロ名義『El corazón manda』(1997)は、“Guitarras del mundo” シリーズとして epsa music よりリリースされ、自作曲の他、 アタウアルパ・ユパンキ、アストル・ピアソラ、エグベルト・ジスモンチの編曲やデュオ音源など収録。録音に2 年かけた『Buenos Aires de Raíz 』(2005)は、ギターソロによる自作曲のみで構成し、人気を集める記念作になった。また、アルゼンチン女性シンガーのルシアナ・ジュリーとのデュオ作品『Maldita Huella』(2008)、翌年ドイツの Winter & Winter レーベルにて、自身のソロ名義、ルシアナがゲスト参加した『Horizonte Infinito』(2009)を残す(録音はブエノスアイレスにて)。
近作はギターを軸に盟友たちを招いて「郊外の静寂」を奏でた『Silencios del Suburbio』(2012)。ブエノスアイレスのクレオール文化をルーツに、「伝統と創造」をクラフトアートのように編み上げた素朴な美しさを感じる名作を残し、ノルウェー、デンマーク、ベルギーにてアルゼンチン音楽の講義も行った。
母国ではフアン・ファルーと並ぶギターの名手であり、ギジェルモ・リソットが尊敬するギタリストのひとり。近年ではブラジルのポルト アレグレ出身S.S.W. ヴィトール・ハミルとの共演や南米の伝統音楽と風景の共通性を伝えるドキュメンタリーフィルムへの出演など多方面で活躍している。

------------------------------

タイトルの『Manos』は複数の手の意味。2012年に訪れたアルゼンチンにてカルロス・モスカルディーニ氏と交わした握手の温もりとギターを奏でる手。紙ジャケットに採用した切り絵作家 YUYA 氏による描き下ろし作品の手仕事。温もりある手触りのサトウキビ紙にオフセット印刷しています。

Hommock Label|Carlos Moscardini "Manos" CD


client: HUMMOCK Cafe / hummock label|ハンモックカフェ / ハンモックレーベル
city: 兵庫県姫路市的形
art Direction and Design: アーガイルデザイン 宮良当明







[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のサロンtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / Rain and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「てぬぐい」「トートバッグ」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。仙厓義梵の遺した禅画の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル・デザイン、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2018年4月下旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018"

ピアチェーレ! 
鮮やかな黄色いレモンに ちいさなキッスをすると
爽やかな香りがにこっり微笑む。

好奇心の赴くままに世界を旅する旧友
イタリア人のアレッサンドロ・モレッティ氏が
旅先でパスポート・ケースに貼りつけた
12のフルーツシール。

2018年、13年目のスタート
Fruit Labels Calendar


2017年12月1日
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!