アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

音楽を語ることは不可能なのか

教養の歴史社会学 音楽

タイポグラフィのある蔵書を探していたとき、ふと目に留まった「文字のデザイン・書体のフシギ 」を久しぶりに手に取りページを捲っていたら、こんなフレーズに出会してすこし驚いた。

"音楽を語ることは不可能なのか"
"デザインを語ることは不可能なのか"

音楽の「本質」がどこかに確かにあるに違いないという前提があるかぎり、それらを語ることの不可能性は決して解除されない、と著者の加島卓氏は論じ、「デザイン」も同様だと云う。「教養の歴史社会学 ― ドイツ市民社会と音楽」をこの引用元として挙げていたから、気になり近くの市立図書館で取り寄せ借りてきた。厚いずっしりと重い岩波書店本だった。二回の貸出延長をし六週間をかけて読み終えた。

音楽史を通して、十九世紀ドイツにおける教養概念を事細かに解明し、そこに「本質化」というキーワードを当てがい、その本質不在の核心のなき教養の空虚さを暴いて行くという音楽学/社会学的考察がその内容。
ドイツにおいて、市民たろうとする人々にとって教養を身につけるための手段の一番の対象が「音楽」だった。教養の高さの証明は、「音楽」への深い理解に裏打ちされた正統な批評(評論)が必須だった。つまり、楽譜を読めることや楽器を弾けることはもちろん、音楽リテラシーの習得が深ければ深い程、音楽をより正しく理解し語ることができ、それこそがディレッタントではない高位の教養人として認められた。

終章のある一節を、最後に引用をしたい。著者はこのくだりをテーマである「本質化」と紐付けをし教養の空虚さを論じ、大見出しの「ドイツという理念」との共通性を見い出し指摘し締めくくる。前述の加島氏は、ここでの「音楽」を「デザイン」に置き換え、上手に語ったのだけれど、「写真」や「アート」他のクリエイティブ系語句での代替もできるだろう、興味深い一節。
ドイツ、バッハ、音楽(クラシックに係らず)、コーラス、キャノン、音楽批評(評論)、教養、社会学... といったキーワードに興味を持たれた方は、お近くの図書館で借り、三百ページをぜひどうぞ。

音楽を語る行為がどれほど重ねられようと、そこにどんな序列が設けられようと、それらの語りは決して音楽そのものには成り代われない。そのものに到達することはできない。予め到達不可能なものとして据えられた音楽は、到達し得ない語りが増えることによって、"実際に" 語り得ない、到達不可能なものであることが証明されるのである。どれほど多くの語りをもってしても、音楽そのものには近づくことができず、そして近づくための方法がどれほど精緻化されようとも、音楽そのものを捉えることができない、という事実が語りの実践の結果としてはね返ってくる。音楽は決して言語では捉えることはできないというリアルな実感が、結果としてもたらされるのであり、無効化された語りの量産が、音楽の「遠さ」を証明することになるのである。近づく努力をすればするほど、遠さすなわち到達不可能性が明らかになるのである。そして、どんなに近づいても到達できない音楽は、それゆえに唯一絶対のものとして、不可侵のものとして、特別な価値を獲得することになる。
[第5章 音楽が暴く教養の正体, 281頁から]


「物の真に肝要なところはただ虚にのみ存する」と、一方で老子が云う。空虚においてのみ自由な行動が可能だと。これは、永遠のマスターピース「茶の本(岡倉天心著)」からの引用。音楽を語ること、デザインを語ること、写真を語ること... 空虚の是非、ものの本質とは−−−


教養の歴史社会学 ― ドイツ市民社会と音楽 ―
宮本 直美 著



◎体裁=A5判・上製・カバー・360頁
◎定価(本体 6,600円 + 税)
◎2006年2月17日
◎ISBN4-00-022547-2 C0322

なぜ他の国々とは異なって19世紀ドイツでは,教養なるものが大きな意味を持ったのか.バッハ復興運動やアマチュア音楽活動の展開,音楽作法の成立などを考証し,音楽が社会的に持った意味を究明.従来の緩急にはない全く新しい視点から,教養の正体を浮彫りにする.音楽学の素養をもつ著者にして初めて可能となったスケールの大きな音楽社会学の達成.




[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

[NEW] 雨、北鎌倉  rain and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のサロンtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / Rain and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「てぬぐい」「トートバッグ」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。仙厓義梵の遺した禅画の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル・デザイン、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2018年4月下旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

[NEW] Alessandro Del Moretti’s Trip Around The World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2018"

ピアチェーレ! 
鮮やかな黄色いレモンに ちいさなキッスをすると
爽やかな香りがにこっり微笑む。

好奇心の赴くままに世界を旅する旧友
イタリア人のアレッサンドロ・モレッティ氏が
旅先でパスポート・ケースに貼りつけた
12のフルーツシール。

2018年、13年目のスタート
Fruit Labels Calendar


2017年12月1日
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!