アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 葉山町 横須賀 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

メディア掲載|RENAULT 4 のある風景|魚は丘に上がる

RENAULT 4TL BEACH

モノトーンの RENAULT 4、フランスの北西部 ブルターニュの冬のビーチ。
そんな洒落たロケーションだったらとても素敵なんですが、これは寒々しい日本海を背景にした能登での一枚。YくんのオフホワイトのキャトルTL です(ぼくもこのころ ぼろぼろのブルーグレイの GTL を所有していました)。うるしの宿の輪島からの帰路だったと憶えています。

キャトルで行く能登の旅に備え、大阪日本橋のガラクタ屋で手に入れた初代オリンパス PEN。24枚フィルムで48枚も撮れる、かつて流行ったハーフ仕様の旧いカメラです。白黒フィルムを装填して冬の旅の記憶をセンチメンタルに収めるつもりでしたが、さすがに五百円のジャンク品、現像をすると絞りのリングが動作しなかったようで、ほとんどが露出オーヴァー、思い出を写しとったはずの像の何もかもが失われていました。ただ、この海辺のキャトルの写真一枚だけが、なぜか生き残っていました。

そんな不思議な幸運もあり、フィルムらしい繊細な粒子のトーンとコントラスト、広角レンズの余白が気に入って、ポスターをはじめさまざまなカタチでグラフィックの素材として使っていました。どういういきさつかはすっかり忘れてしまいましたが、この写真はオーストリアの作家 Leopold Federmair さんのノベル「Ein Fisch geht an Land」の装幀のイメージとして使われています。主人公がキャトルに乗っている「魚は丘に上がる」という禅語のようなタイトルのドイツ語で書かれたこの物語は、永井宏さんが遺した海辺のノベル「SMILE」ともリンケージする瑞々しい青春小説です。

作者の Federmair さんや熱心な読者のみなさんは、きっといまなおフランス北部のビーチで撮られた写真だと思い続けていることでしょう。時折ぼく自身もそんなふうに錯覚してしまうことがあります。RENAULT 4 のある風景は、ぼくにとってもフランスの面影のひとつであり、フランスの隠喩的な記号になっているのかもしれません。ぼくの乗っていたキャトルと同じブルーグレイの日本海の淡い空の色彩とともに。

News and Journal

Exhibition

Exhibition "6th Fruit Labels Traveler" Art and Design Gallery "The Hours", Miyazaki

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


バナナやオレンジ、レモンに貼られたあのポップな「フルーツシール」。いつの頃からか財布や手帳にペタペタと貼りはじめ、気がつけば2,200枚近い数になっていました。
吉本 宏と宮良当明の小さなコレクションを一堂に集めた世界でも初めて? のフルーツシール展を開催します。

2016年 東京渋谷パルコ・大阪中之島フェスティバルプラザのふたつの DELFONICS GALLERY を皮切りに、2017年 姫路 HUMMOCK Cafe、2018年 藤沢辻堂 Toasted、2019年 鎌倉由比ガ浜 CORNO でささやかに好評を博した同展の第6回目のエキシビジョンとなります。
ふたりがヨーロッパや南米のマーケットでコツコツと収穫したキュートなシールのコレクション展示をはじめ、新作オリジナルデザインアイテムを限定販売します。

The Hours 主宰、杉 怜くん(Scenery of Design)とは、長く "高級な友情" を育んできました。本展におけるフルーツシールのアート&デザイン面のクローズアップは、彼との共同作業を通して生まれ、新しい展示の在り方を形づくるものとなりました。当ギャラリーの「こけら落とし」に相応しいフレッシュで活き活きとした展覧会になることを願っています。

九州初上陸の「旅するフルーツシールのデザイン展」、ちょっぴりレトロでカラフルな、グラフィックデザインの宝庫ともいえる〈小さきもの〉の世界をつぶさにお愉しみください。
fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始

*完売いたしました。
雨、北鎌倉rain and kitakamakura 2019

雨、北鎌倉
rain and kitakamakura 2019

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「雨、北鎌倉 / rain and Kitakamakura 2019」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2019年、紫陽花の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紫陽花をデザインモチーフとした「手捺染 てぬぐい[藍]」「ストラップチャーム」の3アイテムを、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

紫陽花の装飾花と真花がふとそのように見えた◯△□の形で表現しました。禅僧 仙厓義梵の遺した禅画『◯△□』(出光美術館所蔵)の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。禅刹に囲まれた北鎌倉らしいピクトリアル・シンボル、リピート・パターン(送り)、テキスタイル・デザインとなりました。

2019年6月上旬 -
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始