アーガイルデザイン|グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 湘南 川崎 東京

ARGYLE DESIGN - Brand Design and Photography with Simple

目黒区芸術文化振興財団 めぐろパーシモンホール|プラザライヴ|グラフィックデザイン ポスター フライヤー プログラム|東京都目黒区

plazalive.fw

plazalive_2

plazalive_0

めぐろ区民キャンパス「プラザ」で、毎年開催する音楽やパフォーマンスの大人気ライヴ「プラザライヴ2011」(6月〜12月)のポスターとフライヤー・ロゴタイプを手掛けました。


プラザライヴ


めぐろ区民キャンパス「プラザ」で開催する音楽やパフォーマンスの無料ライヴ。

時間 14:00(開演)
料金 無料
会場 めぐろ区民キャンパス 地下1階「プラザ」

KENTARO!! [ダンサー/振付家]
HIP HOPテクニックをベースに、音楽シーンやコンテンポラリーダンス、演劇等に影響を受けた自由な発想による「ダンス」を創作、独自の世界を目指している。2008年、横浜ダンスコレクションRにて若手振付家のための在日フランス大使館賞、トヨタコレオグラフィーアワード2008にてオーディエンス賞、ネクステージ特別賞をダブル受賞。同年12月、ダンスカンパニー〈東京ELECTROCK STAIRS〉を旗揚げ。振付、ダンスのほか、オリジナル楽曲創作、演劇・ダンスの若手アーティストによる企画公演のプロデュースなど多角的に活躍中。2010年3月、第4回日本ダンスフォーラム賞受賞。
http://www.kentarock.com/


原田芳宏 [スティールパン]
スティールパン奏者/作曲・編曲家。90年代トリニダードへ渡り、日本人初の現地オーケストラメンバーとなる。帰国後、「スティールパンの仕事人」的に多くのコンサート出演と音楽制作に携わり、数々のアーティストと共演(小野リサ、トニーニョ・オルタ、南佳孝、アン・サリー、リトルクリーチャーズ、カヒミカリィ、ザ・ブルー・ハーツほか)。その後は自己の音楽性に重点を置き、アコーディオン、ギターとのトリオ「PAN CAKE」、独奏「PAN ALONE」、30人編成「PANORAMA STEEL ORCHESTRA」などリーダー作を多数発表。音楽性、個性とも突出したスティールパン奏者として海外でも知られる。スティールパンを通し、音楽の深い感動を求めて日々活動を続ける。
http://pan-alive.blogspot.com/


越田太郎丸 [ギター]
9歳からギターを始め、大学時代より各種イベントに出演。ボサノバユニット「Prismatica」のギタリストとしてアルバムを6枚発表。トニーニョ・オルタ、ジョアン・ボスコ、アントニオ・カルロス・ジョビンなどから作編曲、奏法の影響を受けブラジル音楽を軸に活動。ほか、「Bossa do Mago」「森」などのバンドにも参加。作曲・編曲を手がける。また、岩崎宏美、葉加瀬太郎、瀬木貴将、ウェイウェイウー、Yae、辛島美登里、中孝介など様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加。客船「飛鳥」でのソロ演奏をきっかけに、都内でソロ演奏を展開。朗読のギターソロのコラボレーションも行う。
http://taroma.air-nifty.co/blog/




[NEW]  秋、北鎌倉fall and kitakamakura

[NEW] 秋、北鎌倉
fall and kitakamakura

北鎌倉は明月院通り下のtsukigoyaの「秋、北鎌倉 / fall and Kitakamakura」シリーズ・アイテムのクリエイティヴ・ディレクション / デザイン / コピーを担当しました。

2018年、紅葉の季節の北鎌倉を訪れるヴィジターをはじめ訪日外国人旅行者の方々のスーヴェニール(お土産)として、紅葉をデザインモチーフとした「てぬぐい」二種を、tsukigoya店舗およびアーガイルデザイン・ショップほかで限定販売をいたします。

光琳の燕子花の型紙のリズミカルな反復の鮮やかな記憶が、奥底に定着していたからかもしれません。 色づく山々。北鎌倉らしいテキスタイル・デザインとなりました。

2018年11月上旬
北鎌倉 tsukigoya / アーガイルデザイン・ショップ ほかで限定販売開始
〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉fruit labels traveler|calendar 2019 “Bienvenidos a Argentina”

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2019"

アルゼンチンの旅で知り合ったフェルナンドが案内してくれた
ブエノスアイレスのアンティーク・マーケット。
アルゼンチンのフォルクローレやロックを扱うレコードショップに、
フルーティーなドリップを淹れてくれるコーヒーショップを巡り、
その隣の店のカウンターで熱々のエンパナーダを頬張る。

もちろんフルーツショップにはたくさんのフルーツシールが。
同じくフルーツシールを集めているフェルナンドは
ちょうどイタリア旅行から帰ってきたところだといって、
手帳に貼ってあったイタリアのシールをプレゼントしてくれた。

こうして旅を経てできあがった2019年のFruit Labels Calendar。


2018年12月20日頃
全国各ショップ/ウェブストアにて発売開始
Exhibition

Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している ––––


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダーデザイン」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどのデザイン商品を限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川県初のこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さなグラフィックデザインの世界をご覧ください。


おかげさまで無事終了しました。 期間中、多くのみなさまにご来場いただきましたことを深く御礼申し上げます。 またどこかでお逢いしましょう!