アーガイルデザイン| グラフィックデザイン事務所|神奈川 横浜 関内 鎌倉 大船 藤沢 湘南

Argyle Design - Art Direction, Design and Photography

135 Schwarz-Weiß Negativfilm|カメラ Tシャツ|グラフィックデザイン

135 Schwarz-Weiß Negativfilm|カメラ Tシャツ|グラフィックデザイン
135 Schwarz-Weiß Negativfilm T-shirts
135 Schwarz-Weiß Negativfilm T-shirts

タイプフェイスだけでレイアウトされた澱みのない潔いトーン、スローガン度ゼロ、そしてエヴァーグリーンで滞りがなくて軽みを感じる... そんなTシャツになかなか巡り会えないなあ、と個人的に思っていたところ、ならば自身で作ろうと手掛けたものが、去年のTシャツ「6x6」でした。なんだか意味がありそうでなさそうなデザインでしたが、おかげさまで、三種(白 / 杢グレー / 濃紺)とも販売早々売り切れとなり、自分用に取り置きしていた分もなくなってしまったという、とても嬉しいかぎりの本末転倒ぶりでした。

今夏も「6x6T」に引き続き、飽きずにフィルムサイズで作ります。ご存知の方は多いと思いますが、「135」はアナログカメラのフィルムサイズのひとつです。フィルムといえば、この「135」と言えるほどの代名詞的な存在。金属性のパトローネに捲かれたあのロールフィルムです。デジタルの大きな荒波に押されて、フィルムカメラの存在自体が危うくなってきた昨今ですが、前者では表現できないその描写性や深いトーン、あるいは感光させたフィルムの実存性に大きな魅力を感じているフォトグラファー達が世界中にはまだたくさんいます(ぼくもそんななかのひとりです)。
長年、67 や 66 カメラを持ち歩くことが多く、ゆえに中判フィルムばかりでしたが、ここのところ、再び「135」でも撮ることも増えてきました。なんといっても、カメラ自体のその軽さ。中判に比べて、気にせずたくさんの枚数を撮れるというのもうれしいポイントです。ファインダー越しに眺める、至極ありふれているはずの「3:2」のプロポーションが、なんだかとても新鮮に感じます。

今回は「ホワイト」と「杢グレー」の生地二種、それぞれに「グレー」と「ホワイト」のシルクスクリーンでプリントします。昨年の「6x6T」は、西語で “película negativa en blanco y negro” と添えましたが、今回の「135T」は、独語で "Schwarz-Weiß Negativfilm"。”白黒ネガフィルム” の意ということもあって、「ホワイト」と「杢グレー」二種ともモノクロ―ム(グレースケール)での仕立てになります。
書体は、敬愛してやまないぼくのアイドル、ハーブ・ルバーリン Herb Lubalin が遺した「Lubalin Graph」をセレクト。自らが初期に拵えた名フォント「Avant Garde Gothic」をベースにセリフを強調させたルバーリンらしいとても美しくクリアな書体です。一部、ぼくのほうでちょっとだけ書体に手を加えつつ、全体を「135」のフィルムサイズ・プロポーションに収めています。やっぱり「3:2」のアスペクト比には、普遍的な安心感がありますね。

ARGYLE DESIGN SHOP で販売をしています。「ホワイト」と「杢グレー」生地とも、Printstar 製のヘヴィーウェイト、それぞれ 160 / S / M / L の 4サイズの展開です。


ARGYLE DESIGN SHOP

http://argyle.thebase.in


Explore More Work

Most Viewed Work

[NEW] Exhibition

[NEW] Exhibition "4th Fruit Labels Traveler" TOASTED, Shonan Tsujido

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。
海の向こうからやってくるフルーツシールはいつも旅している −−−


湘南辻堂 TOASTED では、吉本 宏(bar buenos aires / resonance music)と 宮良当明(argyle design)による「FRUIT LABELS TRAVELER / 旅するフルーツシールとカレンダー」展を開催します。
バナナやオレンジに貼られたあのポップなシールを集めた展示会。2016年初春から晩夏、東京渋谷・大阪中之島のふたつのデルフォニックス・ギャラリー、姫路的形 HUMMOCK Cafe で好評を博した同展の巡回特別企画展となります。
本展では、新たに12作目を数えた「フルーツシールカレンダー」のグラフィックデザインにフォーカス、新旧作を一堂に集めてその魅力とディスプレイの愉しさを紹介します。
2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、カレンダーやノート、ポスター、ポストカード、缶バッジ、トートバッグなどを限定販売。また、TOASTED オリジナル・アップルホットサンドウイッチや東京中野 食のアトリエ・スパロウ(Atelier FOLK)の新作フルーツジャム、ヴァレンタインギフトが彩りを添えます。
神奈川初となるこの機会にぜひフレッシュでジューシーなフルーツシールの小さな世界をご覧ください。
George Morrison’s Trip Around the World

George Morrison’s Trip Around the World

〈NEW〉Fruit labels traveler "Calendar 2017"

色とりどりの果物は軽やかに国境や赤道を超える。
港から港へ。マーケットから食卓へ。

世界を旅する旧友 英国人ジョージ・モリソン氏の
旅先のキッチンテーブルから集められた12のフルーツシール。

2017年、12年目の Fruit Labels Calendar。